購入する

 「あ〜、今日のごはんは

何にしようかな」

 

毎日のごはんを考えるのに一生懸命。

食事は「わたしたちの体を作る大切なもの」とわかっていても、

料理に多くの手間暇を割くことで、心の余裕がなくなってしまうことありませんか。

 

みんなが安心して食べられる食事を、

もっと手軽にもっと美味しくできるように。

 

そうすれば、美味しいごはんで体が元気になり、

時間の余裕ができることで、心が軽くすることができます。

おなかを膨らますだけじゃなく、

心も温まる料理を毎日の食卓に。

そんな想いを叶えるために 「だし醤油」をつくりました。

それが、「いろは醤油」です。

 

 

 

 

 

料理を失敗する原因の多くは、調味料の配分を間違えること。

塩加減、甘みや旨味の調節などを間違えると、なんだか残念な気持ちになりますよね。

 

いろは醤油は、醤油・出汁・みりん・砂糖・塩のバランスと素材の質にこだわり、すでに完成された味に調合されています。
自宅でだしをとったり、調味料を配合する手間がないため、これ1本で味が決まるのです。

まろやかな味で、醤油の刺すような塩辛さがありませんので、お刺身や玉子かけごはん、お豆腐など、いつものお醤油代わりにも使えて、素材の味を引き立てます。

料理にも食卓にも毎日使える、まさに万能調味料です。

 

 

 

 

お湯で割るだけ

簡単すまし汁

海苔汁

【作り方】

①「いろは醤油」をお椀1つに大さじ 1入れる。

②「味付け海苔」を半分にちぎって、お椀に入れる。お湯を注いで出来上がり。

③すり胡麻や、ごま油、かいわれ大根を乗せるのもおすすめです。

 

 

マヨネーズと和えるだけ

白菜のマヨネーズ和え

【作り方】

①「白菜」の真ん中に近い部分を太めの千切りに。

②「マヨネーズ」と「いろは醤油」=2:1で和える。

③「つお節」をかけて出来上がり。「ツナ」と和えるのもおすすめです。

 

 

いろは醤油と水と生姜だけで完成

カレイの煮付け

【作り方】

①「いろは醤油」と「水」=1:2、「生姜」をお鍋に入れ火にかける。

②沸いたところで「カレイ」を入れる。

③お汁をカレイにかけて、お鍋にふたをして3分煮たら出来上がり。

 

 

 

 

 

 

soy

 

 

 

購入する

 

 

 

 

 

江戸時代から続く

岡山県倉敷市の醤油蔵で

いろは醤油は仕込みました。

創業江戸末期の1860年。皇室の献上品を作っていた醤油蔵「とら醤油」で「いろは醤油」は仕込んでいます。 国産丸大豆を材料に、じっくりと醸造された醤油を使用しています。

 

 

 

愛媛県や九州で水揚げされた

鯛のだし

愛媛や九州で水揚げされた鯛から、だしを取りました。旨味が濃く、素材に味の深みを与えてくれます。

 

 

 

広島県鞆の浦産

3年熟成本みりん

広島で育てられたお米を、3年熟成させた本醸造のみりん。コクがあり、こってりした味わいです。

 

 

鹿児島県産 枕崎のかつお節

 

質の良さが評判の鹿児島県の枕崎でつくられたかつお節を使用。奥深く濃い旨味が特徴です。三大旨味の一つイノシン酸がたっぷり。

 

 

岡山県産干し椎茸

岡山で生産した干し椎茸からとれた、だしを使用しています。グアニル酸という三大旨味の一つが豊富に含まれており、旨味の相乗効果があります。

 

 

利尻昆布

北海道・利尻で生産されただし昆布。上品で旨味の強いだしがとれます。三大旨味であるグルタミン酸がたっぷり。

 

 

九州産花見糖

花見糖とは、桜色に近い色をしていることから名付けられました。鹿児島や沖縄で生産されたサトウキビだけを原料にした、やさしい甘みの砂糖です。

 

 

沖縄県産天日塩

美しい海が広がる沖縄の海水を使い、太陽と風によって自然の力だけで乾燥させて作った塩です。ミネラル豊富でまろやかな味です。

 

 

味を掛け合わせると相乗効果があり、

組み合わせることでさらに美味しさが引き上げられます。

 

 

 

ほとんどの工程が手作業で生産され、原材料も希少な素材を使用しているため、数量限定の生産となります。現状の生産体制だと500本程が限界です。

完売したら販売を一時的にストップさせて頂くことが御座います。 なにとぞご了承ください。

 

毎日の料理だからこそ

簡単でいいんです。

頑張らなくていいんです。

少しの品数でもいいんです。

ちょっと力を抜いて

いろは醤油」に頼ってみませんか。

soy

 

 

 

 

 

購入する

最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

毎日のごはんが

簡単に美味しくつくれることで、

心が軽くなることを願っています。

 

 

Copyright (C) 2019 iroha-project All Rights Reserved.